BAYASHI WEB

ムラバヤシユウキオフィシャルブログ

とにかく安い英語留学ならラングペディア

とにかく安い英語留学ならラングペディア

こんちは!バヤシです。

僕も留学経験がありますが、当時は学生だったので、いかに安く行けるかを必死で探していました。

「留学 安い エージェント」とかで検索しまくっていましたし

いろんな留学エージェントへ見積などをとりました。

それを踏まえて、安く留学に行くポイントは

A さん

 留学するならエージェントなんか使うな! 

ってことです。

ちょっと厳しい言い方ですが、留学エージェントは英語を本気で学びたいならおすすめしません。

なぜ留学エージェントを使う必要がないかと、一番安く英語留学する方法を説明していきます。

留学エージェントを使わなくても自力で英語留学はできる

英語留学をしようと考えている人は数ある留学エージェントのサイトを比べて

「どれが安いかなー?、サービスの良い会社はどこかなー?」

と探す人が多いと思います。

まずそれをやめることから始めてください。

A さん

 留学エージェント=経費だと知れ! 

そもそも留学したい人って

英語を勉強したいんですよね?

英語を勉強したいなら、必要な手続きは全部人任せでやろうっていう考えよりも、

何でも自分でやってやる!!

っていう気持ちが無い時点でダメだと思います。

留学した事が無い人は心配も多いと思いますが、留学の手続きは全部自分でやるべきです。

A さん

 留学の手続きは、英語を使う実践の場! 

語学は実践で使ってこそ上達します。

語学学校への手続きなんかはまさにおすすめの実践の場です。

A さん

 学校と直接やり取りをすることは簡単 

これ、あんまり留学エージェントは言いたがりません。

だって自分たちの仕事がなくなっちゃうから。

でも、ぶっちゃけ簡単です。

相手は外国人相手の語学学校です。

英語が使えない人たちに英語を教える専門家です。

連絡してくる時点で申込したい人っていうのは分かります。

なので、多少文法が間違っていても全く問題ないです。

分かりやすい英語で丁寧に対応してくれます。

更に言うと日本語が通じるスタッフも結構いますし

簡単なメールのやり取りで完了します。

全く英語できなくてもGoogle翻訳で対応することも今なら可能です。

正直英語留学が成功する人っていうのはこういう積極性を持っている人です

安い英語留学するには自分で申請すること

留学先を紹介している会社やエージェントはいっぱいあります。

「おすすめの英語留学エージェント」とかで調べるといっぱい出てきます。

例えば

おすすめの留学エージェント

とかですかね。

でも分かってほしいのは

A さん

 留学エージェントは間違いなく高い! 

ってことです。

なかには 安い語学留学費用 を売りにしているところもありますが、

エージェントを通すということは、間違いなく一番安く留学できる方法ではない。

ということです。

特に英語の語学留学は一番人気なので、エージェントも多いです。

サービスが充実しているとアピールする会社ほど、経費が掛かっているのでその分高くなると思って間違いないでしょう。

学校への申請も英語学習の第一歩だと思って頑張って自分でやってみましょう。

留学エージェンシー=安くない英語留学

留学エージェンシーを経由して留学へいくのはリスクがあるということ知ってほしいです。

一番大きなリスクは、エージェンシーが倒産した場合泣き寝入りするしかない。という点だといえるでしょう。

実際に大手エージェンシーも倒産しています

サクシーオ、ゲートウェイ21という大手留学エージェントも倒産しています。

大手留学エージェントの倒産リスク

安く英語留学をしたいと思っているのならエージェントを使わないという決意を最初にしてください。

安い英語留学を狙うならエージェントとの比較をしたらいい

留学エージェントを利用するということは、いろんな経費が掛かります。

その分の費用はいろんな形で留学費用に上乗せされているのです。

留学の手続きを留学エージェントに任せた場合と、自分で手続きした場合と比べると下記のようになります。

留学エージェント 自分で手続き
授業料 定価 定価または割引価格
手数料 数万円~十数万円 0円
換算レート TTSレート + 3~5円 現地通貨で支払いの為不用
送金手数料 数千円~1万円程度 0円
現地でのサポート費用 数万円 0円
ビザサポート費用 数千円~数万円 0円
滞在サポート費用 数万円 0円

エージェント経由で留学すると、手数料やサポート費用として何万~十何万かかります。

また日本円で支払う日本の留学エージェントは、為替変動による損を防ぐために、現地の為替レートから更に数円プラスした金額を請求されます。

これは自分でやれば現地通貨で支払うので損しません。

自分で手続きすると、平均で2割~3割は英語留学エージェントよりも節約できます

そして、やってみたら分かると思いますが、

「こんなもんだったのか」

というほど手続きは簡単にできます。

安い英語留学を目指すなら断然これをやるべきです

相手もプロですから、留学希望者の対応は慣れていますし

難しい英語を使う必要もありません。

英語を使って実践ができると思える人が英語が伸びる人です。

一番安い英語留学の方法は全て自分でやること

何度も言いますが、留学エージェントに任せずに自分で留学手続きをするのが一番安いです。

前述したように2~3割は確実に安くなるので、数万~十数万円安くなるわけです。

留学したいと思うと、まず最初に行く国を決めると思います。

英語圏だったら、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどが人気です。

オンラインダイレクト留学申請は安く留学する唯一の方法

その次に学校の情報を集めることになりますが、これが現地の情報なので少し難しいです。

その問題を解決するのが

オンラインダイレクト留学申請です。

オンラインダイレクト留学申請のサービスを提供しているラングペディアを使えば

希望に合った学校を無料で紹介してくれます。

A さん

 オンラインダイレクト留学申請は全て無料! 

これは本当に無料です。

但し学校を紹介してもらった後は自分で対応することになります。

サービスを学校との紹介のみにしたことで、一切余分な経費が掛からないようにしたのです。

学校とのマッチング専門のサービスなので、その後の手続きは自分でやる必要があります。

結構スパルタな内容に感じるかもしれませんが、この方法が

実際に一番安く英語留学に行ける方法です

しかも学校に入った後の授業内容はエージェント経由と同じなので

他の生徒よりも間違いなく安く英語留学に行くことができます。

安いからといって0円英語留学は絶対やめとけ

話が少しそれますが、

A さん

 0円英語留学とかいうのは絶対にやめとけ! 

0円英語留学って知っていますか?

ちょっと話題にもなってるようですけど、実態はかなりヤバいです。

あまりネットにも情報出ていないようなので簡単にまとめると

0円英語留学の真実

・0円英語留学は半分以上がコールセンターでの勤務で、テレアポさせられる

・授業料と寮費は無料だが、それ以外(チケットビザ、食費、保険など)は全て自費

・違法の可能性があり、過去に逮捕者も出ている

全てが上記のような所ではないかもしれませんが、聞き取りした情報ではほとんど同じようです。

詳しくは別ブログに詳しく書いてあります 0円留学の闇 

タダほど安いものはないと言いますが、まさにその典型です。

絶対に日本でバイトしてから行った方が良いです。

一番安い英語留学がしたいならダイレクト留学申請のラングペディア

何度も言いますが、

A さん

 一番安いのはダイレクト留学申し込み 

です。

これは色々と調べましたが間違いないです。※0円留学を除く

学校とのダイレクト留学申請サービスを提供しているラングペディア

A さん

 留学費用の最低価格を保証してくれるぞ! 

つまりここよりも留学費用が安かった場合、その差額分をラングペディアが全額返金してくれるというものです。

どこよりも安くできるというラングペディアの自信の表れですね。

ラングペディアが対応してくれるのは、基本的に学校とのマッチングのみです。

なので、自分でしないといけないことは結構あります。

でもそれをすることで実際に英語の勉強になりますし

やり方さえわかれば全然難しくありません。

英語が全くできなくても、グーグル翻訳で全部いけます!

ダイレクト留学申請の際に自分ですること

・語学学校への申し込み ➡ ダイレクト留学申請の情報から学校とマッチング

・学生ビザ申請・取得  ➡ 自分ひとりでできる学生ビザ申請

・留学先での宿泊先手配 ➡ 自分でホームステイ先を探す

上記のように自分でやることは、ネットの情報を参考にすれば簡単にできます。

安い英語留学の第一歩はダイレクト留学申請から

留学をしたいと思ったらまずはダイレクト留学申請のサービスをしているラングペディアから行いましょう。

問い合わせフォームから、留学の目的といきたい国、予算と日程などを書いて送れば

すぐに希望に合う学校を紹介してくれます。

その時一切紹介料などはかかりません。

まとめ

留学はキャリアアップにもなり、人生の大きな転機にもなり得るので興味ある人は是非挑戦してみてください。

その時は留学エージェントに任せるのではなく、自分でやることで一番安く留学ができます。

学校とのマッチングはラングペディアを活用して情報収集を行いましょう。

 

コメントを残す

facebookコメント

よく読まれている記事

Return Top